×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メタミドホスとは

メタミドホス(METHAMIDOPHOS)は主な用途として農薬・殺虫剤。殺虫効果は高く体内に取り込むと毒性が高い。日本では農薬登録されていなく使用禁止になっています。海外では有機リン系殺虫剤として使われていることがある。

今回の事件は「手包みひとくち餃子」を購入し22日夜に5個ずつ食べたところ、妻は約3時間後に吐き気や目の腫れ、充血などを訴え、夫も翌日、吐き気や胃もたれなどの症状がでた。他にも全国から中毒症状の報告があるという。

中国製冷凍ギョーザによる中毒原因が有機リン系殺虫剤メタミドホスということが判った。問題になった「手作り餃子」の商品を一口食べて不味かった、ギョーザの味がしなかった食べた人と言っています。異臭や味がおかしいと感じたなら絶対に食べないようして下さい。現在、中国で生産した会社の商品16商品は自主回収されこととなったが、問題となる商品は決して口にすること無いように注意を呼びかけている。

今回の事件だけでなく、今までも中国産食品からメタミドホスが残留農薬違反が報告されていて日本の食に対する安全性が危惧されいました。食の安全性はなにより優先されることで政府、行政、業界、消費者すべての分野で解決するために力を合わせる必要性があるでしょう。

メタミドホスのデーター

物理的状態; 外観: 無色の結晶。 暴露の経路: 体内への吸収経路:吸入、経皮、経口摂取。 吸入の危険性: 20℃ではほとんど気化しない。しかしとくに粉末の場合、噴霧あるいは拡散すると浮遊粒子が急速に有害濃度に達することがある。

短期暴露の影響: 眼を刺激する。中枢神経系に影響を与え、痙攣、呼吸不全を生じることがある。コリンエステラーゼ阻害。死に至ることがある。これらの影響は遅れて現われることがある。医学的な経過観察が必要である。 長期または反復暴露の影響: 神経系に影響を与え、遅延神経障害を生じることがある。コリンエステラーゼ阻害剤。影響が蓄積される可能性がある。

急性症状、応急処置

【経口摂取】胃痙攣、痙攣、下痢、吐き気、嘔吐、単収縮。(応急処置) 口をすすぐ。水に活性炭を懸濁した液を飲ませる。吐かせる(意識がある場合のみ!)。安静。医療機関に連絡する。
【吸入】めまい、発汗、息苦しさ、意識喪失、脱力感、縮瞳、筋痙攣、流涎。「経口摂取」参照。 (応急処置) 新鮮な空気、安静。半座位。医療機関に連絡する。
【皮膚 】吸収される可能性あり!(応急処置) 汚染された衣服を脱がせる。多量の水かシャワーで皮膚を洗い流す。医療機関に連絡する。
【眼】発赤、痛み、かすみ眼。 (応急処置) 数分間多量の水で洗い流し(できればコンタクトレンズをはずして)、医師に連れて行く。
注(・アルコール飲料の使用により有害作用が増大する。・暴露の程度によっては、定期検診を勧める。・この物質により中毒を起こした場合は、特別の処置が必要である。指示のもとに適切な手段をとれるようにしておく。・製剤に溶剤が使用されている場合は、その溶剤のICSCも参照のこと。・市販の製剤に用いられている溶剤が、この物質の物性および毒性を変化させることがある。・作業衣を家に持ち帰ってはならない。・Bay 71628, Monitor, Pillaron, SRA 5172, Tamaron はいずれも商品名である。・この物質が炭化水素系溶剤を含む製剤の場合、吐かせてはならない。
参考資料「国立医薬品食品衛生研究所」

Copyright © 2009 メタミドホスとは

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。